前へ
次へ

時代で変わる葬儀マナーと変わらない葬儀マナー

近年、葬儀マナーも時代とともに徐々に変わりつつあります。
例えば少し前の葬儀マナーの常識では、普段ファッションで茶髪にしている人は、一時的にでも黒髪に染めて参列すべきと言われていました。
でも現在では個性を認め、社会も多様性を認めるように変わっています。
仕事でもカラーリングが認められるように、葬儀に参列する場合でもそのままで構わないというのが一般的です。
ただもし、遺族の方が不快に思われるような状態であれば、人としてやはりきちんと考えるのがマナーと言えるでしょう。
昔は通夜は普段着で、葬儀が礼服というのが葬儀マナーとされていました。
通夜は突然の弔問なのに、礼服を着込んでいるとまるで準備万端だったかのように見えるため、逆に失礼だと言われていたからです。
ただ現代は通夜のみしか参列できない人も多いですし、故人と最後の別れをする場になっているため礼服で弔問しても良いことになっています。
一般参列なら完全にフォーマルなものでなくても、黒いスーツであれば問題はありません。
男性はネクタイと靴下を、女性はブラウスやストッキングを黒にして、靴も黒で揃えれば大丈夫です。
ネクタイピン、結婚指輪以外の指輪は避けましょう。
先ほど通夜だけに参列する人が増えていることに触れましたが、日中は仕事があるため告別式への参列は難しく、通夜が追悼の役割を担うように変わって来ました。
そのため通夜のみ参列すればマナーとして問題はなく、告別式にも参列しなければならないというわけではありません。
通夜か告別式、どちらか一方だけの参列でも葬儀マナー違反ではありませんし、もちろん両方出るのが一番丁寧です。
現在は通夜のあり方や参列者のあり方など多様化しつつありますので、非常に厳格な式でない限り、礼儀をわきまえていれば大丈夫でしょう。
地域や風習でどうしても気になることがある場合は、葬儀を取り仕切っている方に事前に確認するのが一番です。

お住いのコーティング工事承ります

あなたのお店の頼もしい味方です

ゲーム感覚で参加できる運動
ゲーム感覚で楽しめるウォーキングイベントを行うサービスを提供しています。

今までウイルス対策を諦めていた
そんなあなたに電解次亜水を使った除菌水ジーアのご提案

探偵事務所によっては、専門のカウンセリングや相談窓口の設けています。浮気調査の結果だけではなく、精神面でもサポートしてくれる探偵事務所は心強いですね。

香典の金額は、親戚関係にある場合は10000円以上、それ以外は5000円が相場です。
後は気持ち次第で、親しい人物の場合は多く包むと良いでしょう。
香典袋は無地が無難で、蓮の花は仏教用、ユリの花はキリスト教式と言われます。
10000円までは水引が印刷の略式袋、それ以上は水引きをかけたものを選ぶと良いでしょう。

Page Top