前へ
次へ

葬儀マナーに従ってご焼香をすることが大切

たとえ新入社員でも葬儀に出席しなければならないような事態に追い込まれるようなことは日常茶飯時です。
そういう場合に備えて、葬儀での焼香のやり方を覚えておくのも一つの道です。
焼香のやり方は仏教の宗派により違います。
ですがここでは一般的に通用する、焼香のやり方を紹介します。
大抵はこのやり方で通用しますが、それを許さない仏教の宗派もありますので、この点については注意が肝要です。
いずれにしても大切なことは、葬儀マナーに従って焼香をするということに尽きます。
葬儀マナーに従った焼香のやり方ですが、まずお坊さんと遺族に一礼をしなければなりません。
その後、焼香台の前で一礼します。
左手に数珠を持っています。
右手の親指、人差し指、中指の3本で、お香をつまみます。
額の高さまでお香を持って行きます。
天国に旅立たれていった故人に、最後の別れをします。
お香を指ですり合わせるようにして香炉の中に落とします。
後は心の中で天国に旅立たれていった故人の冥福を祈れば、それですべて完了ということになります。

Page Top