前へ
次へ

葬儀マナーとして一般的に知られていないこと

家族葬や自由葬など、葬儀という括りの幅が広がり、そして地域性による葬儀マナーも異なるため、遠方に出向く会葬者にとって葬儀・告別式に関する常識というものが分からないことになっている話しも聞きます。
喪主や施主の役割、受付係りになった際に、香典は施主へ渡すように頼まれました。
喪主ではなく、施主は誰になるのか、そもそも施主は喪主ではないのか、思考回路がハチャメチャになる葬儀を手伝ったことがあります。
喪主は遺族代表として弔いの中心にいますが、葬儀の準備、進行を取り仕切るだけでなく、遺族代表として挨拶する葬儀マナーはどの地域でも同じでしょう。
しかし、一部の地域において、葬儀費用や僧侶へのお布施など、金銭面の管理から運営サポートまで行う縁の下の存在となるのが施主です。
もちろん、全国的に喪主と施主は兼任していることが多く、それだけに周りがサポートしながら滞りなく葬儀を終わらせるのですが、例外もあるのです。
それが、高齢の奥さんが喪主を務め、独立した長男が施主として葬儀費用を工面するという形です。
葬儀マナーとして、どうしても負担になり得るのは予期せぬ葬儀費用の支払いですから、若い世代がサポートしてくれるのは助かる話しです。

Page Top