前へ
次へ

葬儀マナーと使うべきではない言葉

葬儀に参加しますと、遺族に直接声をかける事があります。
遺族との交遊関係が深い時などは、あえて声かけする事もあるでしょう。
ただ声をかけるにしても、言葉を選ぶ必要があります。
使うべきではない単語もありますから、注意が必要です。
例えば、重ね重ねという言葉がありますが、少なくとも葬儀の最中には使わない方が良いでしょう。
同じ出来事が重なってしまう含みが感じられますから、あまり縁起が良くありません。
同じ理由で、「もう一度」という言葉も葬儀マナーに反してしまいます。
また同じ出来事が発生するような言葉は、できるだけ控える方が良いでしょう。
葬儀マナーの1つです。
また「生きる」という言い方も、あまり好ましくないと言われています。
遺族の気持ちを害してしまう可能性がありますから、間接的な言い回しにする方が良いでしょう。
例えばご生前などの言い方にする方が、比較的無難です。
このように葬儀には、禁句はあります。
遺族と話す時は、禁句は要注意です。

Page Top