前へ
次へ

僧侶に戒名代を渡すのも葬儀マナーのひとつです

最近巷では家族葬というのが大変流行しています。
その理由は親族だけで心を込めて天国に旅立たれた故人を送りだしたいからです。
葬儀の費用が安上がりで済ませられるのも大きな理由の一つです。
この家族葬でも、通夜だけは省略できません。
基本的に葬儀の通夜は、たとえ親族だけであっても、それを行わなければなりません。
それは葬儀マナーに明確に記載されています。
その点は一般の葬儀と何ら変わるところはありません。
お寺にとっては通夜という儀式はとても大切なものです。
通夜のない葬式などは考えられません。
菩提寺によっては通夜のない葬式を提案したら、納骨を断られるようなケースも発生してきています。
それだけ通夜は葬式では大切な儀式なのです。
菩提寺の僧侶に念仏を唱えてもらったら、タイミングを見計らって、お金を支払わなければなりません。
名目は戒名代などと称されています。
この戒名代の金額は地域に依存します。
全国一律で考えれば、少なくとも50万円は住まなければならないということになります。
これも葬儀マナーのひとつです 。

Page Top